介護保険

訪問介護の詳しく説明④ 生活援助でできることと生活援助でできないこと

介護保険の訪問介護のサービスのひとつ、生活援助。

この生活援助をヘルパーさんに手伝ってもらうだけで、在宅生活を続けることができる人はたくさんいます。

そんな生活援助は非常に取り決めの多いサービスです。

 

 

では今までのは前振りです←え。

ようやく訪問介護の生活援助の真骨頂

生活援助でできることの説明に入りましょう。

 

ある程度の当たり前の表立った内容については他のサイトでも書いてますから←え。

普通のこと書いても面白くないでしょうし←え。

かなり掘り下げて細かく書いていきたいと思います←認定調査の悪夢再び。

もちろん私の経験も交えて話をしていきます。

ふう
ふう
ではいきまっしょい。

 

生活援助を利用する時のケアプランの考え方

と、その前に。

 

生活援助のサービスをケアプランに入れる場合の考え方なんですが

「訪問介護を詳しく説明② 同居家族がいても生活援助が利用できる場合」で述べたように

同居家族がいてもサービス導入が可能な場合があります。

 

が。

やはり生活援助に関しては、他の誰かができないか、他のインフォーマルサービスで代替ができないかっていうのははじめに検討します。

例えば買い物ができないので、ヘルパーに買ってきてほしいという場合は、まずは宅配サービスの利用で事足りないかを考えます。

 

生協の宅配パルシステム



そして、調理に関してはまず配食弁当を勧めます。

 

お手頃価格1食490円(宅配料込)~|ワタミの宅食


なんかねえ、他の介護サービスに関しては、家族さんの負担軽減とか利用者さんの楽しみの為とか、全然理由になるんですけど

生活援助だけはまずは他の方法考えるんですよね。

介護保険を使わずにどうにかできないかとまず考える。

ふう
ふう
線引き間違えると家政婦になっちゃうからっていう洗脳がそうさせるのかしら

 

とはいえ、他の方法を考えてもふさわしくない場合は、もちろん生活援助導入するんですけど、なかには食事なんかお弁当とかでなんとかしなさいよって言いきっちゃうケアマネさんもいるとかいないとかいないといいなと思ってるとか、そういうこともなきにしもあらずのようですから

いやいや、ヘルパーさんに頼みたいんだって思ったら、毅然とした態度で押し切りましょう。

 

たとえば、配食弁当とかとてもいいサービスなんですけど

食後の薬を声掛けしないといけなかったり

冷凍で来るものであればチンしないといけないけどできなかったり

誰か人の手や目が必要な場合は訪問介護のサービスが必要です。

 

宅配も、届いたものを冷蔵庫にしまえないとかね、必要ないもん買っちゃうとかありますから。

ふう
ふう

私最高に驚いたんラップ298本かなあ。あれ、多分個数書くとこに値段書いちゃったんでしょうけど、それ気づいてあげてよ業者じゃないんやからって思った。すごい量やったしめっちゃ重かった。

あと、最近自分の利用者さんが百貨店(?)から青魚の缶詰め500個買ってた卒倒しそうになったDHAは認知症予防にいいらしいんでしょってもうそれ買っちゃってる時点でゴホゴホ。

 

 

なので、訪問介護が必要と判断した場合は、ケアマネ側ももちろん躊躇せず導入すべきだと思います。

 

訪問介護の生活援助でできること基本の一覧

基本はいわゆる家事全般です。

食事関係 調理全般、後片付け、配膳、洗い物
掃除関係 自分が使う場所の掃除、片付け
買い物関係 買い物代行、生協等の受け取りや注文書作成の手伝い、確認
洗濯関係 洗濯物を回す、干す、取りいれる、畳む、タンス等にしまう、布団干し
その他  処方箋を薬局に出す、受け取る、薬のセット、ゴミ出し、デイサービス等の準備

家事の他、身体介護には当たらないけれども、訪問介護のヘルパーが行うのが妥当であるといったサービスも生活援助で算定します。

例えばここでいうデイサービス等の準備なんかがそうですね。

身体介護が「体に触れる、介助する、見守る」サービスなので、それ以外でヘルパーが必要なようなら生活援助でプランをたてることが多いです。




介護保険の生活援助の基本

大前提として、介護保険を利用しての生活援助のサービスは

「それをしないと生活できない」「必要最低限のことだけ」「利用者本人の分だけ」

これ。

 

多分皆様も、ヘルパーが草むしりできないとか模様替えはできないとか、そのあたりは何となくご存じではないかなと思うんですが

ふう
ふう
でいいよね?

わりと「え、これもダメなの?」「なのにこれはいいの?」ていう線引きがあるので、そういったお話もしていきたいと思います。

 

あとはですね、これ以前の、大大大前提!

ケアマネが作成したケアプランにないことはしてはいけません!!

叫ぶわ!

 

暇やからトイレ掃除しましたそれプラン入ってない!

買い物行ってくれ言われて行きましてんそれプラン入ってない!

調理したから時間足りませんどうしましょそれ以下略!

勝手なことしなさんな~!!

 

いいですか、誰も読んでないし興味がないことも知ってるけど、ケアマネが作成したケアプランにないことは保険がききません!絶対やったらダメなの!

 

利用者さんに頼まれたとかそれではいはい言うて聞いたらあかんし!☜ヘルパー様へ

ついでやから何でもしてもらえると思ったらあかん!☜利用者様へ

どうよこの「!」の多さ!

ふう
ふう
ハアハアいうわ。





ケアマネの作成したケアプランを熟読しろとは言いません

ふう
ふう
ほんまは言いたいけどもうあきらめた

でも、ケアプランをもとにサービス提供責任者が作成する「訪問介護計画書」は読んどきましょう。☜ヘルパー様と利用者様へ。

 

この種類のトラブルは、生活援助が一番多いですね。

あとそうやこれも言うとこ

本人おらんのに家入ってサービスしてもらったらあきまっせん!!

ふう
ふう
これ過去に三回あったわ~唖然とするわ~基本の基やわ~なんで入るんや~

 

それでなくても訪問介護のヘルパーは一人で利用者宅に入ることが多いのでトラブルになりやすいし、お互いに気を付けすぎるほど気を付けないといけません。ほんとに。

☞例えばこんな話「訪問介護の事件簿① 利用者とヘルパーのトラブル 盗難疑惑編」

 

以上、生活援助をケアプランに導入する場合と、生活援助でできることの基本でした☆

ではまた「訪問介護のこと⑤ 生活援助の調理と掃除 できることできないこと」で会いましょう~