認定調査

要介護認定調査⑥ 『介助の方法』の項目② 「食事摂取」「排尿」「排便」

要介護認定調査「介助の方法①」の続きです。

ここで説明するのは

「食事摂取」「排尿」「排便」

です。

 

排泄の状況はどこの市町村も非常に重視しますので、事細かに書きます。

 

食事摂取

「介助されていない」「見守り等」「一部介助」「全介助」

 

「介助されていない」と「全介助」についてはだいたいお分かりかと思いますが、ここで判断が難しいのは「見守り等」「一部介助」です。

 

見守り等」は、常に横で付き添っている状態です。

動作的には自分で食べることができるけれども、声かけが必要だったり指示しないといけなかったりその時食べるものを目の前に出す「皿の置き換え」もここに含まれます。

 

「一部介助」がですね…定義が多いんですわ。

自分で食べられるけど途中介助で口に運ぶのも一部介助だし

ふう
ふう
時間の長短は問わない

食卓で小さく切ったりほぐしたりするのも一部介助だし

ふう
ふう
目の前でがポイント。運ぶ前にしていたら一部介助にはなりません

お皿に残った食べ物を食べやすく端っこに寄せたりスプーンに乗せるのも一部介助です。

あとですね、経管栄養(胃ろう等)、中心静脈栄養の場合は、ほとんど介護者が注入しているかと思いますが、その場合は「全介助」になります。



排尿

「介助されていない」「見守り等」「一部介助」「全介助」

 

排泄関係はまあまあ聞きにくいんですけど、調査結果に大きく反映する項目でもあるので、根掘り葉掘りくわしく聞かねばなりません。

この排泄以外でも、認定調査には認知症を調べる項目もたくさんあり

本人の前では言いにくいことももちろんあるでしょう。

 

そういった場合はですね、調査員あとでしっかりお時間取って、同席者から個別に聞き取りしますので

本人の前で事実を赤裸々にお話する必要はないです。

 

これね、本人前にして「この人はこうでこうで困る!」

「今これできるって言ってますけど、全然できてないです!」

必死でアピールする同席者の方多いんですけど

調査員逆に困っちゃうななのであとで大丈夫です。

 

ただ、調査のはじめに「あとで時間ください」とでもささやいておいて下さいね。

そしてらいろいろと時間も手間も無駄にせずに済みますから。

たまに一から十まで全部本人さんから聞き取りして、さあ帰ろうと思ったら

「あれ全部嘘なんで」とすべて覆されることがあります。

ふう
ふう
調査員ちょっぴりショックです。

「排尿」もね、ちょっとややこしいんですね。

まず「見守り等」は、排尿に対して見守りや声かけ、確認や指示のことを言います。

例えば動作はできるけど、横から「ズボンおろしてください」「拭いてください」「水を流してください」などの声かけが必要な場合です。

トイレまでの移動は含まないのですが、認知症の方にトイレの声かけをするのは含まれます。

 

「一部介助」ですが、要するに排尿行為のどこかで部分的に手伝うことなんですが、けっこういろいろ当てはまります。




 

尿器やポータブルトイレに排尿するのは介助なしだけど

その片づけを誰かがしていれば「一部介助」

おむつやパッドに失禁していても、それを自分で新しいものと交換できれば介助なし

誰かが交換していれば「一部介助

ズボンの上げ下げの介助は必要でも、自分で陰部を拭ければ「一部介助」

日常のトイレ掃除は含まれないけど、あまりにも尿をまき散らして、トイレ掃除が必要な場合は「一部介助」

 

といった具合に細かく定められているので、とりあえずありのままの姿を伝えてください。

最後雑ですみません。

ふう
ふう
いやほんとややこしいから。

 

「全介助」は、ベッド上でおむつ交換をしている場合

トイレには行くけれども、ズボンの上げ下げや陰部を拭く行為

すべて介助者が行っている場合があります。

 

わりとこの排尿に関しては、「何回あるか」や「夜間もあるか」も聞かないといけないので

何らかの介助があれば聞き取りに時間がかかります。

頑張りましょ。

ふう
ふう
調査員も頑張ります




排便

「介助されていない」「見守り等」「一部介助」「全介助」

 

だいたい排尿と同じです(雑)。

 

しいて言うなら「毎日排便ありますか」って聞くんですけど、ほんと便秘に悩んでいる高齢者は多いですね。

何らかの下剤飲んでいる人も少なくないですし。

 

便秘で気張りすぎて血管が切れた人も

下剤で一度に便を出しすぎて、血圧が下がってショック状態になった人も

私どちらも見てますので

便秘侮るなかれで、きちんとお薬で調整するなりして頂ければと思います。

 

 

ふう
ふう
以上、介助の方法②でした。

介助の方法③に続きまーす☆