ケアマネ日記

介護職について スキルアップは自分次第

介護職は立派な仕事と言われるけど…の続きです。

 

ちょっとネガティブに書いちゃったけど(ちょっとかな?)、でもでも介護職にもいいところはたくさんあるんですよって、声を大にして言いたい次第。

声は大きくできないので文字から攻めてみました。

 

特に言いたいのはね、これなの。⇒ 私の持っている資格について書いてます

 

 

介護業界は下克上が可能!!

 

いいですか

性別も学歴も年齢も関係ありませんこの業界。

修行いや違う下積みいや違う実務経験を積めば、上級資格をどんどん受けることが可能なんです。

そして、資格を取れば取るほど仕事の幅は広がり、お給料にも反映されます。

 

頑張れば報われる仕事なんです!!

 

実例を交えてお話しましょう。

 

まずは介護福祉士を目指そう

まあ実例でお話するたって、私の話なんですけど。

でも周りの下克上組はみんな同じようなルートをたどっていますので大丈夫でしょ。←何が

 

私は全く福祉に関係のない大学を出て、卒業後からこの介護業界に飛び込んでます。

ヘルパー2級、今でいう初任者研修だけ資格がありました。

この資格に関しては基本誰でも取れます。

 

ここでまず目指すは介護福祉士。

介護業界最強の資格です。

これは今も昔も変わってません。

これさえあれば介護職は無敵。

 

これを取得するには、まずは3年実務経験を積むこと。

 

3年って短いようで長いけど、要は介護の仕事さえしてればいいんです。

 

しかも介護福祉士の実務経験は、一日何時間働いているとかの縛りはなく、何日その仕事に従事したかですので、短時間勤務でも大丈夫

 

これを目指して働いていた時、ホントこのことわざがしみました。

石の上にも三年。

 

昔の人ええこと言うわ。

3年、短いようで長いです。

辛いことも悲しいことも腰が痛いこともやってられっかと思うこともあります。

 

しかも、この実務経験は受験の申し込みの時に証明がいりますから、あんまりあちこち転職しているとそれを集めるのが大変なんですね。←私ケアマネの時に三ヵ所から集めてまあ大変でした。

 

できれば一か所に3年の方が楽です。

 

ただ3年頑張っても、今は実務者研修を受講しないと介護福祉士にはなれないので、そのお金と時間を惜しむ方が増えているようです。

 

でもこの資格者を雇っていれば事業所側にもメリットがあるので(各種加算が取れたりします)、お金を出してくれる事業所もありますよ。

 

あと、私は3年半働いて介護福祉士を受験する前に次の施設に転職しましたが、実務経験3年あればかなりの即戦力として優遇されます。

 

とりあえず3年頑張って介護福祉士を目指そう!

これが下克上一歩目。

 

さらに5年で介護支援専門員

これねえ…私の時は実務経験5年で受験できたのに、今は国家資格を取得してから5年の実務経験に変わってんですよね…

 

介護支援専門員、つまりケアマネージャーです。

 

人数が飽和してるからどんどん試験厳しくなっちゃって、初期の時の簡単な時代に合格したケアマネがのさばってるしってこれ以上やめとこ。←

 

介護福祉士に関しては、少し無理しても取得すべきだと思いますけど、ケアマネに関してはこの仕事を続ける覚悟がなければ取得しなくてもいいかも

 

だって5年ごとに更新研修あるんだもん。

その都度数万払って数日研修あるんだもん。

しかも年々その日数増えてんだもん。

 

だから無理して取らなくていいと思いますけど、でも取るのはお勧めしますよ←どっちやねん

 

まずね、昔ほど高給取りではないけど、給料は安くないです。

 

そしてやっぱり大変な資格の分、他の仕事をするにしても「あ、ケアマネも持ってるんですね」ってなりますし。

 

あと、ケアマネって、介護保険をすべて把握している(はず)の資格なんですね。

頻繁な法改正についていけないことも非常にしばしばある

 

だから、訪問介護のサービス提供責任者とか、デイサービスの相談員なんかの仕事にも知識としては非常に役立ちますし、なにより体を壊して現場仕事が厳しくなってきたけど、介護職以外は考えられないってなった時、ケアマネという選択肢はあった方がいいです。

 

私がそうでしたから。

そして、同じように腰痛で介護の現場が厳しくてケアマネになった人はたくさんいますから。

 

5年に一回お金いるけどね!!

 

この更新研修を出勤扱いにしてくれるか、交通費や費用が出るかで、その事業所のブラックorホワイトぶりがわかります。

 

試験は難しいけど、やりがいはありますよ。

 

主任介護支援専門員

いつの間にかできていつの間にか5年ごとの更新研修が必要となった謎の資格。←謎いうな

 

これねえ、これも悪いですよ←悪いいうな

この先ね、居宅介護支援事業所の管理者はこの資格必須になるの。

いま経過期間中なんですけど、もう主任の申し込み殺到してるからね。

ダレ得?ダレノフトコロ得?

 

ケアマネの実務経験が5年ないとこの資格受講できないから、管理者が受講資格に当てはまらない事業所もあると思うんですけどね。

出来立ての事業所とか。

 

これは試験はないです。

すっごい高いお金払って、すっごい大変な研修受けるだけ。

あらやだ言い方に若干の悪意が

普通のケアマネと何が違うかっていうと、主任の方は「ケアマネを指導するケアマネ」っていうのかな、そっちの勉強をメインに行います。

 

いうなれば、他のケアマネのケアプランを穴が開くほど確認して、重箱の隅つついて手直しする個所を発見して指導する勉強?

あらやだ言い方に若干の悪意が

 

そんな暇あるなら担当の利用者の訪問行けって思いますけど、来年受講します。←え。

いつか試験制になりそうで怖いので。

 

ホント突然簡単に資格の取得方法変えるからね。

ちなみにですが、もちろんですが、主任ケアマネとして働くとやはり給料は高いです。

転職にも非常に有利です。

 

 

以上、介護の資格の下克上のお話でした。

 

全くの未経験でも、3年頑張れば介護福祉士

そこから5年頑張ればケアマネージャー

さらに5年頑張れば主任ケアマネージャーを取得できます。

 

学校に行かなくても、働きながら資格を増やして、給料アップが目指せるんです。

自分が頑張ればスキルアップできるんです。

いい業界じゃないですか?

 

介護業界の、こういう平等なところは、もっと周知してもらって、高く評価してほしいですね。