介護保険

高齢者の運転がなくならない理由は介護保険にもあるかも?

高齢者の運転による事故のニュースは後を絶ちません。

そして、それに対する世間の風当たりの強さも、年々増しているように思います。

 

これだけニュースになっているのにまだ運転するのか

本人は家族は何を考えているんだ

 

痛ましい事故が多いですから、もちろんそう思われる気持ちもわかります。

 

私は長年高齢者と関わる仕事してますので、ある程度以上の年齢の方が運転するという危険性はもちろん重々承知しています。

 

認知症であるなし関わらず、判断能力や気力体力の点でも

やはり高齢者が自動車を運転するというのは、非常に不安定なことだと思います。

 

でもですね、高齢者の運転を擁護するわけでも肯定するわけでもないのですが

自分で運転せざるを得ない状況というのがあるかもしれない。

ケアマネとして多くの高齢者と関わっていると、そう思うことも多いです。

 

その理由を、現行の介護保険と照らし合わせながら考えていきたいと思います。

介護保険での買い物

まず知っておいていただきたいこととして、現行の介護保険法はですね

買い物と通院、この二つに関しては非常に自由がきかないんです。

 

まず買い物なんですが、ヘルパーさんに買い物お願い、はできます。

これを買い物代行といい、訪問介護の生活援助サービスに位置付けられます。

そしてヘルパーさんと近所のスーパーに買い物に一緒に行くこともできます。

これは身体介護サービスの買い物同行です。

 

ただしですね、介護保険での買い物に関しては

嗜好品禁止

日常生活に必要なもの

つまり、これがないと絶対に生活できないものに原則定められてるわけですね。

 

タバコ買ってきて酒買ってきてどころか

お弁当買ってきて

ペットのトイレシート買ってきて

もダメなんですね。

 

ちょっと電車乗って、お気に入りのデパートでお洋服買うのついてきて、なんて言語道断。

ちなみに私は役所とですね

車イスの利用者さんがヘルパーと補聴器を作りに行きたい

これでバトルしたことあります。

「補聴器ないと生きていけないですか?」

でバトル。

お店で手にとって商品選びたいけど近くにスーパーはない場合、ヘルパーさんの車に乗連れて行ってもらう。

あり得ないんです

 

買い物行けないんだったら、生協なんかを使えばいいじゃない

マリーアントワネット的思考が介護保険の答え。

 

法改正があるたびに

生活援助の買い物と調理はイラネ議論が持ち上がるんです。

ちなみに調理がイラネな理由は

ご飯作れないんだったら

お弁当頼めばいいじゃない的なマリー解釈。

そういう問題じゃないと思うんだけど。

介護保険での通院介助

これはこと細かく説明したいので、また別記事で詳しくやります。

ですから簡単に。

ケアマネ泣かせな通院介助にいたっては

原則病院内は介護保険算定できないんです。

病院が無理って言ったら

↑無理って言われること多いけど

院内でも介護保険が使えるようにはなるんですが

ただ座って待っている時間は、身体介護が発生しているわけではないので

介護保険は算定できません。

結果待ち時間は実費になるか、もしくは通院介助ごと断られるかです。

最近は通院介助を断る事業所も増えてきました。

そりゃ気持ちわかります。

わかりますとも。儲からないもん。

 

そもそも要支援の方に関しては

制度上、介護保険を利用しての通院介助は行えないと思っていただいていいでしょう。

 

送り迎えを車でしてくれる介護保険のサービスもありますが(通院等乗降介助といいます)

こちらも軽度者の要支援の方は利用できないし、まるで儲からないシステムなんで

実施している事業所さんも少ないです。

 

とにかく現行の介護保険は

あとちょっとの介助があれば、な人に関して、ものすごく穴だらけなんです。

 

ですからみんな

歩くのはしんどいから

荷物持つのもしんどいから

好きなところに買い物に行きたいから

そして好きなもの買いたいから

いつでも自由に病院に行きたいから

ヘルパーさんに頼むとお金がかかるから

自分で車を運転する。

もしくはどちらもあきらめてどこにも行かなくなり

家に閉じこもる。

 

すべて制度のせいではないし、だからと言って高齢者が車に乗ることを仕方ないと片付けてはいけないけど

今後どんどん軽度者のサービスは削っていこう!

介護保険はそう動いています。

 

高齢者の事故のニュースを見るたび、その高齢者本人や家族が責められることが多いんですが、その背景にはそうせざるを得ない事情もあったかもしれない。

介護保険の現状を皆様に知っていただいて、少し考えてみていただけたらと心から思います。