介護保険

移動支援は楽しむために外出をするサービス 介護保険と併用できる?

介護保険ではできないことがたくさんあります。

とくに訪問介護は何度も書いてますように業界一ルールが厳しい。

 

なかでもヘルパーと一緒に外出するサービスは特に取り決めが多い。これは「訪問介護は基本的に家の中のサービスでしょそうでしょ」という大前提のため。

 

ちなみにヘルパーさんと一緒に行きたいと過去に私が利用者さんに言われ、役所に相談して蹴散らされた案件どもがこちら☟

散髪ダメ(デイに行って切りなさいよ)メガネ購入ダメ(なくても死なないでしょ)弁当買いに行くのダメ(ヘルパーに作らせるか配食利用しなさい)遠くの店でしか売ってない商品を買いに行くのダメ(送ってもらってください)DVD借りに行きたい(…失笑鼻で笑いやがった

ふう
ふう
ガッデム!!

 

介護保険では最低限の外出同行しか認められないので、通院介助のほかの買い物同行も許可されるのは生きていくのに最低限の買い物だけ。

日常的に必要な衣類を買いに行くのは認められますが、オサレなショップに電車乗ってよそ行き買いに行くのはダメ。

ふう
ふう
今の子よそ行きって意味わかるのかしら

 

であるからして

 

カラオケ行って美声を響かせたい!!

映画行って号泣したい!!

居酒屋でべろんべろんになりたい!!

焼肉食べに行きたい!!

 

だからヘルパーさん一緒に行ってほしい!!

 

ふう
ふう
む~り~

 

なんですよ。

 

 

でもね、人間生きている以上楽しみは必要じゃないですか。

一人では外出できない。でもヘルパーが付いてきてくれるなら、行きたいところもやりたいこともある。

そんな人いっぱいいると思います。

ふう
ふう
にんげんだもの

 

そういった場合のサービス「移動支援」についてお話していきますね。

 

そもそも移動支援は障害者の為のサービス

と、偉そうに語り始めましたが、そもそもこの移動支援は障害者の為のサービスなので、介護保険の専門家であるケアマネージャーの管轄ではない。

のですが。

何でもかんでもやらされる違うさせられるこれも違うお任せされるよしこれで行こケアマネの仕事をしていると、この手続き等もやらされるまた言うたもうええか事がとても多いです。

 

とはいえ管轄ではないので詳しく知りたい方は他のサイトを見てください。←

 

私のわかる範囲での説明はこちら☟

移動が困難な障害者の方に対して、ガイドヘルパーが外出の支援をするサービス。

障害者総合支援法の中の「生活支援事業サービス」に位置づけられていて

市町村ごとに取り決めも単位も違う

私の持っている情報はここまでです( ー`дー´)キリッ

ふう
ふう
これが私の全力です

 

が、まあここでお話することはあくまでも「高齢者が移動支援を使えるか」なので、この程度の情報で大丈夫でしょ(多分)。

 

ようするに、障害者の為のサービス=障害の方の手帳がないとまず使えないです。

身体障害者だけじゃなくて療育手帳も含まれます。精神障害者保健福祉手帳もしかり。

とはいえこの辺の線引きは本当に市町村ごとにちがいます。

私はヘルパー時代にガイドヘルパーの仕事も受けていましたが、無条件で移動支援の時間をくれる市町村、65歳以上は一切認めないところ、少しでも歩けたら無理などなど千差万別でした。

ちなみに料金設定も全然違うので、安いとこは本当に安いです。

ですからまず移動支援を使うには

・手帳があること

・市町村の判定を受け、移動支援の許可が下り、一か月〇〇時間交付と書かれた受給者証が交付されること

・そして移動支援を行っている事業所を探し契約を結ぶこと

以上が必要になってきます。

 

なのでそもそも障害の手帳がない方は利用できないんですが、介護保険の利用者で身体障害者手帳も持っている方は意外と多いんです。

 

人工透析やペースメーカー等の内部障害の方もいるし、脳卒中による四肢、体幹障害の方もいるし、老化による難聴の方もいるし、認知症で精神の手帳を取っている人もいます。

逆にもともとが障害者の方が年を取って、介護保険を利用されるケースもあります。

これサラッと書いてるけどめっちゃ大変!!

 

くわしく書いたら誰も興味ないと思うけど←

介護保険はすべてにおいて優先なので、比較的自由度の高い障害の保険を使ってた人が65歳以上になったら強制的にガッチガチのルールまみれの単位制限のある介護保険にいきなり切り替わるので

まーーーーーー大変!!!

ふう
ふう
今日はここまでにしましょう思い出したらえずく。

 

という基本的なことだけお知らせして次いってみよう。




要介護(要支援)者が移動支援を使いたい場合

では本題。

介護保険を使っている要介護(要支援)者も移動支援を使えますか問題。

 

いえす使えます。

ふう
ふう
終了~

 

これまたややこしいので詳しくは語りませんが

ふう
ふう
知らんわけちゃうで

介護保険の訪問介護と同じようなサービスが障害にもあります(居宅介護)

 

あるんですが、介護認定を受けている人は介護保険優先なので、訪問介護を利用しなくてはいけません。

同じく住宅改修や福祉用具購入も介護保険障害の保険同じものはあるのですが、介護保険優先です。

 

が。

介護保険にないサービスに関しては、介護認定を受けていても障害のサービスを利用することが出来ます。

ふう
ふう
大丈夫?ついてきてね♡




だから福祉用具でも、介護保険にないものは障害の方で申請するし、移動支援に関しては介護保険で類似のサービスがないので利用できます。

 

基本的に移動支援で通院は認めていない市町村が多いのですが、もし許可されていてもそれは介護でできることなのでそちらを優先。

銀行なんかも介護保険で行けるからそちら優先。

とにかく何はなくとも介護保険優先。

 

というルールからして移動支援は要介護者でも利用可能なんですが、じゃあいざ使いたいときはどうしたらいいの?

 

というより、後天的な障害で手帳を取得している方の多くはそもそもこの移動支援の制度を知らないことがほとんどです。

 

だいたいが、ケアマネとか利用しているサービス事業所に教えられて「それいいわねえ」ってなる。

いいわねえってなっても何をどうしたらいいのかわからないので、多くの場合は

ケアマネが役所に手続きに行くことになる。

ふう
ふう
しないケアマネがいても責めないでほしいその人は本来の仕事しかしないと決めているだけかもしれないだってほんとはケアマネの仕事じゃn…

 

とはいえお任せされても僕たち私たちケアマネたちだって介護保険の勉強しかしてないし、移動支援経験のヘルパー経験ありのケアマネしか法律よくわからないと思うけど

ふう
ふう
なんやかんやでお任せされてしまうので、移動支援についてご検討の方は担当のケアマネに相談してみてください。

役所の障害福祉課に直接相談できる人はもちろんもちのろんでそちらの作戦でお願いしますその方が早いし。





以上、介護保険の移動支援のお話でした。

個人的には移動支援みたいなサービスが介護保険にあれば、もっとみんな人生楽しくなるし、遊びに行く先でお金を使うのでNIPPONのためになると思います。

あとちなみに、移動支援の際にはヘルパーの交通費や映画等々の入館料は利用者さん持ちなので、そこんとこ4649!!

ふう
ふう
では~