介護保険

介護保険でできること 介護サービス一覧と簡単な説明

 

 

さあさあではでは。

ではではさあさあ。

そもそも介護保険を使うと、何ができるんだいって話していきましょう。

 

 

そしてまあ、何らかの結果が出たとしましょう。

出たといたしまして、何らかの介護サービスを使いたいなと思ったとしましょう。

じゃあそもそも何ができるんだいというお話。

 

ちなみにここでは一覧を載せていますが、各サービスで何ができて何ができなくて的な話については、事細かに記事にしようと思っていますので、本当に簡単に説明しています。知らんわけちゃうで。

 

あとですね、ずらずら書いてはいきますけれども、何度も書いている通り、介護保険は要支援1・2と、要介護1~5で大きく違いがあります。

おそらく素人さんが思っている百倍違いがあるはず。言いすぎかも

 

なので、要介護なら利用できても要支援は利用できないというサービスもなくはないのですが、とりあえずそれも横に置いといて、とりあえず行ってみよう!

 

在宅系サービス

在宅で生活する方が利用するサービスです。

訪問介護

ヘルパーさんが家に来て、身の回りの介護や支援を行います。

体に触れるサービスを行う身体介護と、家事全般を行う生活援助があります。

単位は身体介護の方が高く設定されています。

 

数ある介護保険サービスの中でも断トツややこしくて断トツルールが厳しくて断トツもめ事が多くてでも断トツこのサービスのおかげで在宅生活が成り立っている人が多いサービスです。

 

通所介護(デイサービス)

デイサービス施設に送迎にて通い、食事をしたりリハビリをしたり、入浴レクリエーション体操お友達とのわいわいがやがや等を行うサービスです。

このサービスを喜んで行ってくれるか否かで、介護者の負担は大きく変わります。

行けば楽しいんだけどな~。行くまでが超絶嫌がられるんだよな~。

 

通所リハビリテーション(デイケア)

まあデイサービスとごっちゃなりますね。うん。

なっても仕方ないです。細かく言えば法的な位置づけも通う目的もデイサービスと違うんですが、今はデイサービスが多様化してきているので、なんかごっちゃなりますね、うん。☜二回目

 

訪問看護

今は看護師さんの訪問よりも、リハビリ職(PT、OT,ST)の訪問の需要が多い気がします。

看護師やリハビリ職が自宅に訪問し、必要なサービスを行います。

とてもとても頼りになる存在です。



訪問リハビリテーション

これねー、訪問看護のリハビリとごっちゃになりやすくてとても迷惑説明に困るんですが、文字通りリハビリ職が家に来てくれるサービスです。

 

訪問入浴

家にお風呂を持ってきて、入浴をさせてくれるサービスです。

もう一度言いましょう。家にお風呂を持ってきます。

その設置の手際の良さは毎回見とれる惚れるでもぼさっと立ってると邪魔になる←おい

 

居宅療養管理指導

そう。名前が長い。

医師、歯科医師、薬剤師等が自宅に来てくれるサービスです。

 

短期入所生活介護(ショートステイ)

施設にお泊りするサービスです。

これを順調に利用できる人は要介護者の鏡やと思う。ほんとに。

 

短期入所療養介護(ショートステイ)

ありゃこれもショートステイやないか!

老人保健施設等にお泊りするサービスです。

 

住宅改修

これはひそかに介護保険サービス一番人気。

自宅に手すりを付けたりします。まず始めに考えるサービスがこれかな。

 

特定福祉用具販売

お風呂用品とか、トイレ関係の物品が多いです。

みんな知らずにホームセンターで買っちゃうけど!ダメよ!ダメダメ!(古)

絶対ケアマネに相談してね!保険で買えるかもやからね!!

 

福祉用具貸与

これも需要が多いかな、いろいろなものが介護保険で借りれますよ(雑)。

とにかく実費で買う前に相談してねマジで。マジ卍で(また古い)

 




施設系サービス

料金が月額固定の入所系サービスです。

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

基本的に終身目的で入所される公的施設です。

 

介護老人保健施設

リハビリ目的の施設で、原則は期間を決めて入所します。原則は。

脳卒中などの急性期治療後に入所されることが多いです。

 

介護療養型医療施設

これ、あまりなじみがないかもしれないですが、それはそれはずいぶん前から国が無くそうとしては失敗している施設です。

他の施設では受け入れが難しいような、医療的ケアの必要な方が入所します。

これ無くすとかマジあり得ない話ほんまあり得ない話絶対あり得ない話。

ある意味最後の砦なんですけどね…どうなるんやろこの先。

 

介護医療院

出来たてほやほやの制度で、私はまだ見たことがないんですが、上記の療養型に変わる施設なんだと思う。思う。多分そう思う。

 

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症の確定診断が下りた方のみ入所できる施設です。

アットホームな雰囲気で生活できるのが売り。

 

その他のサービス

この先のサービスはややこしやなので、サラッと行きましょう。

 

小規模多機能居宅介護

デイ、ヘルパー、泊りが一体型になったサービスで、月額固定です。

 

看護小規模多機能型居宅介護

あーそういえばこんなんできたらしいなって、今思い出した。

そんな感じ。

上記に訪問看護がくっついた形。らしい。

 

夜間対応型訪問介護

まあ…あんまりないかな…(小声)

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

24時間対応でヘルパーさんや看護師さん等が来てくれるサービスです。

ま。

便利なんだけどね。うん。

 

 

 

 

以上、介護保険サービスを簡単に一覧にしてみました。




 

今後はこのサービスの細かい話裏話お金の話などなど等々

ええことも悪いことも、私の経験を含めて赤裸々にお話していこうと思います。

ではでは~((´∀`))